全身脱毛が不安なら

失敗しない全身脱毛のポイント!脱毛後のアフターケアに注意

脱毛

全身脱毛はそのアフターケア次第で肌の状況が大きく変わります。脱毛直後から一週間後くらいまでが特に重要となっています。
脱毛をした後はやや肌が火照っていることもあるので、温度変化には注意を払っておく必要があります。具体的には入浴や高温でのシャワーを避け、温かい程度のシャワーのみを行うようにしましょう。また、過度な発汗は皮膚の炎症を長引かせることもあるので、サウナや運動は控えた方が良いと言えます。

 

保冷剤や濡れタオルを使う場合も

どうしても肌の火照りが収まらない場合は保冷剤や濡れタオルなどを使用する必要があります。加えて日焼けしないようにすることも重大な注意点です。。全身脱毛後には毛根細胞が破壊されている状態なので、極端な乾燥肌とも言えるコンディションとなっています。そのため、可能な限り日が当たらないように屋内で過ごすか、外出の際には日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

脱毛後には皮膚に含まれていた水分が失われているため、保湿も重要となります。普段顔に塗っている保湿成分と同じような物で問題ないので、それを脱毛した部位にも塗っておきます。もちろん、クリニックやサロンでもらう保湿クリームを使用するのも有効です。レーザーや光を照射する脱毛では肌の一部に炎症が生じることもあります。炎症は通常の場合3日ほどで治るのでそれほど問題はありませんが、軟膏を塗っておくことで治るペースを高めることが出来ます。こちらもクリニックやサロンで購入出来ます。レーザー脱毛では照射によって毛根細胞を破壊した後、段々と毛が抜けていく仕組みとなっています。

 

自然に毛が抜ける前に毛抜きなどで無理矢理抜いてしまうと、脱毛の効果が薄れることがあります。そのため、毛抜きなどは使用せず、電動カミソリなどで軽く剃る程度に留めておきます。深剃りをしてしまわないように注意が必要です。これらを守って過ごしていれば、炎症や火照りなども取れていくはずですが、万一炎症が引かなかった場合は皮膚科に相談しましょう。


全身脱毛と部分脱毛の比較

脱毛をしたいと考えた時、部分脱毛と全身脱毛で悩む人は多いでしょう。
気になる部位のムダ毛だけ脱毛をしたいと考えるのであれば、手頃な料金で施術が可能な部分脱毛が有効ですが、例えば腕の脱毛が完了してムダ毛が生えてこない状態になったのに、足は脱毛をしておらず自己処理をしただけの状態という場合、肌の見た目の違いが気になる事になります。
ですから、部分的に脱毛をすると、脱毛をしていない部位が気になり何度も脱毛を繰り返す事になる可能性があります。
部分脱毛は少ない部位であれば安くても、施術をする部位が多くなれば、全身脱毛よりも高額になってしまいます。

 

部位が多い場合は全身脱毛がお得

ムダ毛が気になる部位が多いというのであれば、部分脱毛よりも全身脱毛を選んでおく方がメリットが大きくなります。
ただ、全身脱毛の場合は、完了までに少なくとも30万円以上の費用を考えておく必要があります。
効果の高い医療レーザー脱毛を行うクリニックの場合は、安くても40万円前後の日用を考えておく必要があり、かかる総額だけを考えると安くはありません。
ですが、施術が完了すれば、今後、身体のすべての部位のムダ毛に悩まされる事がなくなり、常に肌に自信を持っていられるようになります。
更に、一気に全身を脱毛していく方が、施術にかかる期間も短くて済む事になります。
ただ、医療レーザー脱毛で全身脱毛を行う場合に考えておきたいのが、痛みの有無です。

 

以前に比べて痛みが少ない施術が可能になってきているとされますが、全身脱毛の場合、様々な部位をまとめて脱毛していく事になります。
皮膚の状態は部位によって異なる為、殆ど痛みを感じずに施術が可能な部位もあれば、施術の際に強い痛みを感じる部位がある可能性もあります。
特にVIOライン等の皮膚の敏感な部位は痛みを感じやすい状態になります。
それだけに、医療レーザー脱毛で全身脱毛を始める時には、痛みに対する覚悟をしておく事も大切です。
ただ、痛みを感じる可能性があっても、効果はとても高く、エステやサロンよりも少ない回数で早く脱毛が完了します。